ELPIDA

ELPIDA

skinflora

美肌菌について

美肌菌とは皮膚常在菌の一種で「表皮ブドウ球菌」のことです。 表皮ブドウ球菌(美肌菌)は皮膚の上で汗や皮脂を食べ、肌の潤いを保つ働きのある成分グリセリンを排泄します。 この作用がお肌に良い効果をもたらすことから一般的に表皮ブドウ球菌=「美肌菌」と表現されています。 この美肌菌を増やすことで潤いのある美しいお肌でいれるのです。 ELPIDAがお届けする完全オーダーメイド化粧品は、あなた自身の美肌菌から培養されて作られているので、最も安全でお肌に馴染みやすい商品と言えます。

01

健康な美肌とは常在菌のバランスがよく、美肌菌の量が多いこと

私たちのお肌には目に見えない常在菌が約1兆個存在しており、皮膚常在菌は約10~20種類といわれています。 そのなかで大きく分けると「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分かれます。 この3種類の菌がバランスをとりながら共存しています。

健康な美肌とは常在菌のバランスがよく、美肌菌の量が多いこと
それぞれの菌の特徴

善玉菌(表皮ブドウ球菌)=美肌菌

汗や皮脂を栄養として、保湿成分であるグリセリンを作り出し、肌のバリア機能を高める皮脂膜が紫外線や乾燥からお肌を守ります。 また、肌を弱酸性に保つことで悪玉菌を排除し、肌荒れ、ニキビ等の肌トラブルから肌を守ります。

日和見菌(アクネ菌など)

肌のバランス次第で「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなり得る菌。食生活・ストレス等の原因から皮脂が過剰分泌し、毛穴を塞いでしまうことで、アクネ菌が異常繁殖し、ニキビ等の炎症をおこします。

悪玉菌(黄色ブドウ球菌など)

肌に悪影響を及ぼす菌で、皮膚にいるだけでは特に問題はありませんが、傷口に付着すると炎症を招き、肌トラブルを起こす原因を作ります。 アトピーの方には多い菌とも言われています。

02

お肌の悩みが増えてきたら、肌本来の状態から考えていきましょう

美肌菌が減少すると悪玉菌が増殖し、肌を守るバリア機能が低下します。 外部からの刺激を受けやすくなる事で炎症を起こし、「乾燥」「ニキビ」「かゆみ」等の肌トラブルが起きやすくなります。 さらに慢性的に肌トラブルをかかえた肌の表面上には、トラブルの原因となる黄色ブドウ球菌(悪玉菌)が増殖しているとも言われています。

化粧品の効果を感じられなくなってきたら肌本来の状態から考えていきましょう
美肌菌が減る原因は?
過度な洗顔・・・過度な洗顔は美肌菌のエサとなる皮脂もとりきってしまいます。 メイク道具の雑菌・・・たくさんの雑菌がいるのでお肌に付着すると肌トラブルがおきやすくなります。 過度な保湿・・・保湿しすぎてしまうと「働く必要がない」と怠けてしまい美肌菌が働かなくなります。 長時間の入浴・・・長時間入浴すると顔を何度も洗ったりしてしまう事で、美肌菌が流れてしまします。

03

エルピダが見つけた究極のエイジングケアシステム それは、あなたの美肌菌をあなた自身のお肌に戻すこと

ヒトのDNA と同じように、常在菌も違います。 腸内の善玉菌と同じようにお肌も常在菌同士の相性がとても重要になります。 エルピダでは独自のバイオ技術製法によりあなた自身から採取した美肌菌を抽出、選定し、美肌菌を増やします。 そしてお預かりしたあなたの美肌菌をあなた自身のお肌に戻すことによって美肌菌が天然の皮脂膜を形成し、正常な皮膚へと戻します。

エルピダが見つけた究極のエイジングケアシステムそれは、あなたの美肌菌をあなた自身のお肌に戻すこと
美肌菌を増やすには?

肌を強く健やかに保つ為には美肌菌が欠かかせません。普段の生活から美肌菌を増やすことに意識した「菌活」を行ないましょう。

代謝を高めて基礎体温をUP

代謝を高めて基礎体温をUP

美肌菌が好む快適温度は37℃です。腸内環境を良好に保ち代謝を高めましょう。血行が悪いと代謝が弱まり美肌菌の働きも弱まってしまいます。

適度な運動

適度な運動

美肌菌のエサとなる汗や皮脂を出すために発刊作用ある食事をとったり、散歩等で身体を動かすようにしましょう。

最適な湿度を保つ

最適な湿度を保つ

お風呂場にカビが生えるのを防止する為には、浴室の乾燥を行ないますが、美肌菌が好む湿度は60%です。秋冬、特に乾燥しやすい季節は加湿器等で湿度を保ちましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠

不規則な生活を行なっていると良質な睡眠がとれず、ホルモンの分泌に影響が生じます。美肌菌の働きを高める為にも規則正しい生活を送りましょう。

CUSTMER SERVICE

カスタマーサービス